SSブログ
アフター・アース ブログトップ

ジェイデン・スミス主演映画「アフター・アース」の評判は? [アフター・アース]

ジェイデン002.jpg
ジェイデン・スミス主演の映画
「アフター・アース」
が6/21劇場公開されました。

予告編を観てかなり気になっていたので、観に行きました。
ジェイデン・スミスは
ハリウッドスターのウィル・スミスの息子で、
今作は、スミス親子のダブル主演として話題になってたんです。
AA.jpg
かなりハードルが上がっていた状態で観たのもあったんですが、
「・・・・・・・。」というのが正直な感想です。

(以下ネタバレ含みますので注意してください)
観る予定のひとは「戻る」ボタンを

ジェイデンは
「幸せのちから」でウィルスミスと親子共演を果たし、
「ベスト・キッド」ではジャッキーチェンとも共演しています。
上記2作は、とても評判がよく、ジェイデン少年のかわいらしさが全面に出ていたので
人気があったんだと思います。

今やジェイデンは14歳となり、
過去のかわいらしい雰囲気はどこにもありませんでした。

偶然不時着したのが野生化した1000年後の地球で、
救難信号の送信機を取りに行くためにジャングルの中を冒険する

という話なので、コミカルな要素が1秒もなく、
終止、暗い雰囲気のまま、物語は終わります。

設定が難しいんですよ。
名前も変だし、(キタイ/サイファ/センシ/アーサとか)
呼吸薬を1日1回飲まないと、呼吸できないとか
発熱帯に行かないと、気温が急激に下がって死ぬとか
恐怖心で探知されて殺されるとか


観る側と制作者側にとんでもない距離感が感じられる映画でした。
ほとんどCGで、劣化版アバターという具合ですね。
スタートレックやら、スターウォーズやらいろんなSF映画が
ちょこちょこ集まったような、
そんな感じです。

この映画にしかない、
真新しい映像や、
新しい発想、
オリジナルの表現、
世界観が
伝わってこなかったっす。

ウィルスミスは伝説の戦士という設定で、
軍人のトップ、常にピリピリした雰囲気を出していて、
シリアスな顔ばっかり、一度も笑ってなかったですね。


もっと軽めの、派手で、分かりやすい内容の方が
スミス親子には合ってんじゃないかって、
素人ながらに思いました。


スミス親子に会う機会があったら、
アドバイスしてあげたいと思います。


アメリカ本国でも、相当大コケしたようなので
日本で大ヒットすることはまずないでしょうね。


予告編に面白そうな場面が全て詰まっていた映画のパターンです。


この予告編だけで十分だと。


3分でわかる「アフター・アース」ネタばれは↓↓↓

⇒Wスミス主演の映画「アフターアース」のネタバレほこちら




Wスミス主演の映画「アフターアース」のネタバレ [アフター・アース]

アフタ−003.jpg
ウィル・スミスとジェイデン・スミスの
親子Wスミス主演の映画、
「アフター・アース」が本日から劇場公開だったので、
早速見て来ました。

おすすめ度★☆☆☆☆(1点)


絶対におすすめしません!!!
面白いと思った場面は……正直見当たりませんねー。

コレ見るなら、GIジョーの方が絶対おもしろいと思いますよ。

以下ネタバレですので、劇場で見る予定の方は、
「戻る」ボタンを押してください。

(以下簡潔にネタバレまとめ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(流れ)
主人公親子の宇宙船が墜落
→親子以外全員死亡(墜落した場所は「あの地球!!」)
→墜落した後部が100キロ先にあり、助けを呼ぶにはそこの送信機が必要
→父サイファは足に大けがしているので、息子キタイが一人で取りに行くほかない
→父の遠隔指示により、道を目指すも、未熟なキタイはテンパる
→逃げろと指示をしていたのに、攻撃し、逆に襲われる
→パニックで指示聞こえない
→夢中で逃げてる途中で、寄生虫に刺され、毒が体に回って、マヒ瀕死
→装備の医療キットで何とか治療してセーフ
→逃げてる時に4つあるはずの呼吸薬が2つに。2つ割れちゃった。
→コンピュータの試算では、目的地には2つ以上の呼吸薬が必要。
→「任務中止だ戻ってこい」という指示に反対するキタイは、滝にダイブ
→空中で野生の大きなタカに捕まり、音信不通(通信機能壊れる)
→まーなんとか機体後部の場所に辿り着く
→呼吸薬もギリギリ足りる
→通信機をゲットするも、上空のイオンが邪魔して通信ができない。
→北の山の上にいけば通信んできるかも〜山を目指す。
→山の中でアーサというモンスター対峙。
→追い込まれるも、覚醒して、倒す
→送信機スイッチオン「ビョイーーーーーーーン」
→助かる
→「終」

ちょっと突っ走りましたが、こんな感じです。
笑いやユーモアの要素は一瞬もありませんでした。

ひとことで言うと、
「乗っていた宇宙船が墜落して、100キロ先の送信機をめざして、 ジャングルを大冒険して、助けてもらった」
というお話でした。

「アフター・アース」は人類が地球を放棄して1000年後が舞台となります。

設定がかなりわかりずらく、
名前も聞き慣れない感じで覚えにくいので、
あんまり話がはいってきません。

設定が分かりづらい上に多いんですよ。
呼吸薬。
気温の差が激しいので6時間以内に発熱帯にいないと死ぬ。
22通りに使える武器。
など。

アフターアース.jpg
伝説の戦士という設定のウィルスミスは、
終止軍人上官モードでピリピリとした雰囲気。
笑いゼロ。
メインストーリー上では、足に大けがをして、伝説感はみじんも感じられませんでした。

一方、息子のキタイ"ジェイデン"は伝説の戦士の息子という設定。
幼い頃の「幸せの力」「ベストキッド」に出演していた時の
”かわいらしい”雰囲気は全くありませんでした。
ジェイデン.jpg


ほとんどCGで、「アバター」の劣化版みたいな感じでしたね。

ちなみに、平日の昼間ということもあったんですが、
ほとんど観客はおらず、ほぼ貸し切りでした。

調べてみると、
北米でもかなりスベッている映画のようで、
日本でも同様にスベりそうですね。


スミス親子共演ってことだったんで
結構期待していたんですがねー

なんだか残念でした。

「アフター・アース」の予告編はこちら↓


この予告編で十分まとまっていますので、
わざわざ行かなくても…  という感じです。

(個人的な感想ですが)


アフター・アース ブログトップ
日々の行い
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます